lunesunsのブログ

鹿児島県薩摩川内市でロシア車LADAを扱っている車屋のブログ

「なんで鹿児島?」の違った見方というか考え

なんで鹿児島でやるのか?ってそっちのほうが断然面白味があるから

 

 でもね、実際動き出してるプロジェクトは鹿児島主体じゃないのもあります。

結局は、仲間とどれだけ楽しい時間が共有出来るかみたいなとこもあると思うんですよ

 

あと、瞬発力のある人

 

「それ良いね、やろう!」って言いながらやらない

話をつめていくと、言い訳ばかりする人は無理でしょね

 

目に見える効果が今はなくても、進んでる気配がなくても

進み続けられる人じゃないと多分、一緒に面白いこと出来ないと思います

 

 

 

私は本気で、全国を狙ってますし、世界も狙ってます

 

昔から二十歳くらいのときから海外で働きたいと思ってました

チャンスがあればいつか海外ってずーーと思ってました

23、4の時一瞬ホームステイしようちょっとだけ動きました

 

チャンス云々より、実際はただびびっって動かなかっただけですけどね

 

 

昔から、私を知ってくださっている方は、前は毎年の抱負で「世界征服」って掲げてましたから知ってくれてると思います、本気だとは思われてなかったと思いますが(笑)

 

 

無能で取り柄がない人間が何言ってんだって話ですけど

 

無能で取り柄がなくても、トライ・アンド・エラーを繰り返してるうちに、

段々、ちょっとずつですが、経験値が増え、頼れる仲間が出来てくるもんなんですよね

 

英語わからないのに世界狙うって普通頭おかしいでしょ?w

そういったいみでは、色んなツールが出てきてかなり狙いやすくなりましたよね

 

あと、語学堪能な方々と一緒にできそうなので、そういったことも踏まえていろんな準備が整いつつありますね

 

自分で頭悪くてよかったなって思う部分は、トライ・アンド・エラーの”エラー”の部分をあまり覚えてないってことですかねw

 

トライ・トライ・トライで進んでいくってイメージですかね

 

エラーの部分をあまり認識してないので同じこと繰り返したりもしますがw

 

常に色んなイメージで計画立てて、最悪の事態を想定して動いているので、

最悪の事態が起きても大概想定内で次の行動をとるだけなので、失敗って感覚は無いですね

 

その時点、時点で想定を更新していくので、自分では失敗のイメージは無いのかもしれません。

傍からみれば、失敗に見える事は多々あるかもしれませんがね

 

傍から見た「時点」は、私からすると「過去の点」ってイメージでしょうかね

 

そもそも傍からの視点は気にしてませんが(笑)

 

 

よく色んな人に言ってるんですけど、

自転車乗れるようになったのと一緒だって

 

最初は補助輪つけて乗って→片方取って→両方取って→後ろ抑えてもらって→乗れるようになる

って過程を踏まえて乗れてるわけで、

その過程の中で、転んで怪我したり、ブレーキかけられなくて怖い思いしたりてのを何回も繰り返して今普通に乗れてる。普通に乗れるようになっても事故は起きる

その途中で諦めた人は自転車に乗れない

 

それって、自転車に限ったことじゃなく全てにおいての過程で同じなので、

いきなりうまく行くなんてハナっから無いってのが前提で

もちろん自転車渡されていきなり乗れる人もいるかもしれない、

でもそれって奇跡的なことでしょ

 

基本的に”大変”ってことは大前提なので、大変なことや苦労することは織り込み済みなので、なので今まで苦労した記憶は無いです

もちろん疲れることはあります

 

ホントは千葉にいて動いたほうがやりやすいだろうし、成功の確率も高いかもしれないけど、前にも少し書きましたが、今現在、精神衛生的に鹿児島の方が良いですし、

鹿児島から全国へ発信出来たら、めちゃめちゃ面白いでしょ

インターネットのおかげで何処からでも世界が狙えるし

 

鹿児島発信で、世界中からインバウンドを狙えるビジネスが出来たら最高でしょ

 

 

そんなことを鹿児島の薩摩川内の秘境の地で企んでますw

 

最近私の中で秘境がブームなのは

 

8月24日(金)の21時からテレビ東京

「所さんの学校では教えてくれないそんなトコロ」の秘境駅のシリーズにちょっとだけ映るかもしれません

所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ! - Yahoo!テレビ.Gガイド[テレビ番組表]

 

最寄り駅の薩摩高城駅の調査でうちの店に団長がロケに来られたので、出るかもです

猛暑といきなりのロケだったのでテンパってましたとだけ、言い訳しときます

 

 

鹿児島の放送はまだ先みたいなので、私は見れませんが、見られる方がいましたら温かい目で見てやってください

 

 

そもそも、ここを秘境だと思ってなかったのでかなり新鮮なイメージです(笑)